忍者ブログ
HOME Admin Write

だらだらblog

ゲームとらくがきとか。腐話や絵も多々あるので苦手な方はお気を付け下さい。管理人二人が書いてます(´▽`)



テオフィール・マクファーソン(6)
シャルル・ミューエ(7)

生前の二人の幼少時は実は1-2年だけ
寮が一緒の同室だったりしました。
覚えているのはうっすらですが。

いつも拍手有難うございます(*´▽`*)

続きはそんな二人の過去の語りです。




テオ君はお家に帰りたいが口癖の
泣き虫ボーイでした。やだやだ僕帰るって
べちべちばしばし駄々をこねては
同室の文学少年?シャルルを困らせていましたとさ。
パパとママの前ではいい子してるけど
シャルルの前では我儘ボーイ。

シャルルはまだこの時は両親は健在。
弟はまだ生まれて居ません。
(10代の時に元々体が弱かった母は他界、
父は生きる気力を失いその母を追って衰弱死
*シャルルはそんな父に瓜二つ。死因も似てますね)

テオは二組両親が居て、一組目は生みの親
殆ど記憶はありません。死別なのか事情があって
離れ離れなのか、それとも悲しい理由なのか。

二組目の親は子どものいない老夫婦。
優しく育てられ、大きくなりました。
神父を目指したのはこの両親の影響。
老夫婦のお家は神父の家系だったのです。
さびれた静かな教会を一人守っていたのが
生前の神父のテオなのです。

拍手[1回]

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

最新記事

リンク


Copyright ©  -- だらだらblog --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
PR